DNSパワーカフェ・大手町へランチに行ってきた【ダイエット・筋トレ中に超おすすめ】

DNSパワーカフェ大手町の感想

だんすけ

トレーニーやダイエッターに大人気のDNSパワーカフェへランチに行ってきました!

世界一パワーが入るカフェがコンセプトの『DNSパワーカフェ(DNS POWER CAFE)』

先日仕事で東京へ訪問した時にそちらのお店で食事をしてきたので、今日はその感想やメニューの注文方法を詳しく紹介します。

DNSパワーカフェが気になっている方や、東京駅周辺で筋トレ・ダイエット中でも気兼ねなく食事ができるお店を探している方はぜひチェックしてください。

DNSパワーカフェとはどんなお店【特徴と営業中の店舗紹介】

DNSパワーカフェ大手町

『DNSパワーカフェ』はプロテインやサプリメントで有名なDNSがプロデュースしているカフェレストランで、高たんぱく&低脂質で健康な体づくりにぴったりのメニューの食事を楽しめるお店です。

その大きな特徴がお客自身がメニューをカスタマイズして注文できること。たんぱく質・脂質・炭水化物などの量を逐一確認しながら、自分の好きな料理にカスタマイズして注文が可能です。

だから増量したい人、減量したい人、脂質を抑えたい人、糖質をカットしたい人など各自が希望に応じた食事を取れます。これはトレーニーやダイエッターにとっては嬉しいですよね。

ちなみにDNSパワーカフェの現在の営業中店舗は次の通りです。

■DNS POWER CAFE 中野
東京都中野区中野4-10-2
中野セントラルパーク サウス1階

■DNS POWER CAFE 大手町
東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティグランキューブ 1F 

残念ながら今のところ東京にしか店舗はありません。

これだけフィットネス人口は増えてる現在では日本全国で授与はあるでしょうから、今後は東京以外での新規出店を期待したいですね。

スポンサーリンク

DNSパワーカフェ大手町への東京駅からのアクセス方法

大手町駅

上述したようにDNSパワーカフェは現在のところ東京23区内にしか店舗はありません。そのため首都圏在住でないトレーニーやダイエッターの中には、東京への出張・旅行時に訪問しようと考えている方もいるでしょう。

そこで新幹線の停車駅である『東京駅』から近いDNSパワーカフェの店舗と、そこまでのアクセス方法を紹介します。

まず東京駅から最も近い店舗が『DNS POWER CAFE 大手町』です。こちらの店舗は都営三田線、東京メトロ丸ノ内線、東西線、千代田線、半蔵門線などの「大手町」駅が最寄駅になります。

ではアクセス方法の紹介です。大手町駅は東京駅から1駅の区間の距離にあります。東京駅から電車で行くなら、東京メトロ(地下鉄)丸の内線を使うのが良いでしょう(赤色の路線図の電車です)。私もそちらを利用して、東京駅からアクセスしました。

なお『DNS POWER CAFE 大手町』は大手町駅と直結しているので、たいへんアクセスが便利です。

まず丸の内線で東京駅についたら、A1出口を目指してください。

ファイナンシャルシティ

そこから出ればDNSパワーカフェが入っている大手町フィナンシャルシティに到着できます。

大手町駅

DNSパワーカフェでの注文方法

DNSパワーカフェの注文方法は『コンビネーションメニュー』『カスタマイズメニュー』の2通りあります。

DNSパワーカフェ

まず『コンビネーションメニュー』は既存のメニュー表から食事を注文する方法。時間が無い方や自分で組み合わせを考えるのが面倒という方は、こちらでオーダーするの良いでしょう。

もう一つの『カスタマイズメニュー』は自分で「RICE(ごはん)」や「MAIN(主菜)」の種類・量を自由に組み合わせてオーダーする方法。こちらなら自分オリジナルのメニューをカスタマイズすることができます。

オーダーはお店に備え付けの専用タブレットを使って行うのですが、指示に従って画面にタッチすればオーダーできるので特に迷うことはなく簡単です。

DNSパワーカフェのパワープレート

なお2つの注文方法の内で、個人的におすすめなのは『カスタマイズメニュー』。

せっかくDNSパワーカフェに行くのなら、オリジナルメニューをカスタマイズする楽しみをぜひ味わって欲しいです。もちろん僕もそちらでオーダーしましたよ。

だんすけ

タブレットに表示されるPFCの数値(たんぱく質・脂質・炭水化物の量)を見ながら、自分好みにメニューをカスタマイズできるのは楽しいです。

DNSパワーカフェは一人でも行けるお店?

DNSAパワーカフェ大手町

DNSパワーカフェへこれから初めて行く方にとって不安なことの一つが、「一人で行っても大丈夫なお店かな?」ということだと思います。

この点についてですが、全く問題ありません。一人用のカウンター席は用意されていますので、一人で訪問して普通に食事することができます。そもそも僕自身も一人で行って、店内で食事をしました。

またこちらのお店はお持ち帰りメニューやお弁当の販売もあるので、一人で店内で食事をするのが恥ずかしいという方はテイクアウトを利用すれば問題ありませんよ。

DNSパワーカフェ

だんすけ

お店の入り口にはお持ち帰り用の弁当がたっぷり用意されていました。お弁当にも栄養成分がわかりやすく表示されているのが良いですね。

ちなみに私は平日の11時頃に訪問しましたが、まだお昼前ということもあってお店は空いていました。混雑が嫌だという方は、僕みたいにランチタイム(12時-13時)を避ければ良いでしょう。

DNSパワーカフェで食事をした感想とおすすめのメニュー

今回DNSパワーカフェで僕が注文したのはこちらです(↓)です。

DNSパワープレート

だんすけ

スマホアプリ『Foodie(フーディー)』で撮影したらすごく美味しそうに撮れました笑

基本メニューはパワープレート(ライスと主菜とサラダが乗ったワンプレートディッシュ)。選んだライスは『十六穀米・小盛り(100g)』、主菜は『チキンブレスト(50g)とローストビーフ(50g)』を選択しました。

あとは追加で『ミールプロテインシェイク(MRS)』のトロピカルアップル味を注文。こちらは一番小さいSサイズです。

ミールプロテインシェイク

まずはパワープレートから食べてみます。味はかなり薄味。脂質を抑えるためにほとんど油を使わずに調理してるのか、肉々しさやジューシーサーはほとんど感じられたなかったです。

食事の美味しさを楽しむためというよりは、体のための栄養補給という意味合いが強いのかもしれませんね。

なお調味料を使わずにそのままだとほとんど味は感じられないので、店内に置いてあるドレッシングやソース類を付けるのは必須です。

パワープレートのソース

僕はチキンブレスにはおろし醤油、ローストビーフにはシャリビアンソース、サラダにはノンオイルのフレンチドレッシングをかけて楽しみました。ソース類をしっかりかけると、ある程度は美味しく味わえます。

そのようにパワープレートの味は正直イマイチだったのですが、追加で注文した『ミールプロテインシェイク(MRS)・トロピカルアップル味』はめちゃくちゃ美味しかったです。

ミールプロテインシェイク

大阪名物のミックスジュース(牛乳とバナナとフルーツで作られたジュース)に近いようなトロみのあるドリンクで、しっかりフルーティーさを楽しめます。

僕が今までに飲んだプロテインドリンクの中ではぶっちぎりの美味しさでした。Mサイズならたんぱく質は23.9gもあるので、間食としてもかなりおすすめできます。

ぜひDNSパワーカフェへ行ったら、注文して欲しい一品ですね。おかわりしたいぐらい美味しかったです!

ネット上でのDNSパワーカフェの口コミ

https://twitter.com/nobrand_1016/status/1022683368163426305

だんすけ

やはりスタイルに気を使われているダイエッターやトレーニーの方が、多く利用していますね。

まとめ

DNSパワープレート

今回の記事ではDNSパワーカフェへ行って食事した感想を紹介しました。

DNSカフェは料理を楽しむというよりは、必要な栄養を摂取するために行く場所という感じがしました。自分で料理をカスタマイズしながら、必要なたんぱく質や炭水化物の量を調節していくのはゲーム感覚で楽しかったです。

しかし料理の美味しいかと言われると、不味くはないんだけど美味しいとは言えないかな?と僕は感じました。こちらのパワープレートを毎日食べたいとは思いません。

なお味重視で選ぶなら、同じトレーニー&ダイエッター向けレストランでも筋肉食堂のおの方がおすすめです(筋肉食堂の感想は下記の記事を参照)。

筋肉食堂の方が、よりジューシーで美味しい肉料理を味わうことができます。

ただDNSパワーカフェで購入できる『ミールプロテインシェイク』はめちゃくちゃ美味しくておすすめです。フルーツの味の甘味が感じられる美味しいプロテインドリンクですので、そちらはぜひ試してください。

ミールプロテインシェイク

だんすけ

ミールプロテインシェイクは美味しい上に、しっかりとたんぱく質を補給できるのでガチでおすすめです!