吉野家と松屋のチキンカレーの栄養成分と味を徹底比較【美味しくて筋肉におすすめは?】

吉野家と松屋のチキンカレー

だんすけ

松屋と吉野家のチキンカレーを徹底比較します!

松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』。1年に1度のペースに松屋で提供されていた期間限定メニューですが、2019年4月16日により復活しました。

590円とは思えないカレーの美味しさのクオリティに加えて、商品名の通りにゴロゴロ入った大ぶりの鶏肉がクセになるメニューです。しかも1食でたんぱく質が45g以上摂取できるので、僕のようなトレーニー(筋トレ愛好家)にもすごく嬉しい!

そして同じく牛丼チェーンの吉野家からも松屋に対抗する形で、『チキンスパイシーカレー(550円)』が2019年4月18日にリリースされました。

こちらも松屋と同じくチキンがたっぷりと乗った、タンパク質豊富でトレーニーには嬉しいメニューです。

そこで今回はそれら2つのチキンカレーをカレー好きの僕が実食しましたので、その感想をレビューします。

また量メニューの詳しい栄養成分も比較していますので、2つのチキンカレーの口コミを知りたい方や、栄養成分をじっくりと比較したい方はぜひチェックしてくださいね。

なおすき家で筋トレ後におすすめの筋肉メニューは次のページで詳しく解説しています。

松屋と吉野家のチキンカレーの栄養成分を比べてみた結果

吉野家の『チキンスパイスカレー』と、松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』の2つの栄養成分を比較した表が以下となります。

吉野家 松屋
商品画像
メニュー名 チキンスパイシーカレー ごろごろ煮込みチキンカレー
値段(税込) 550円 590円
エネルギー 769kcal 910kcal
たんぱく質 30.5g 45.2g
脂質 24.2g 27.1g
炭水化物 103.2g 117.8g
食塩相当量 4.2g 6.2g
筋肉メシ指数 1.26 1.67

※筋肉メシ指数はタンパク質(g)を脂質(g)で割ったものであり、当サイト独自の指標。これが高いほど筋トレ後に食べるのにおすすめできます。

表からわかるようにたんぱく質の量は松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』が約15gも勝っています。1食あたり45g以上もたんぱく質を摂取できるは素晴らしいですよね。

なお当サイト独自指標の筋肉メシ指数も松屋が勝っていますので、筋トレ後に食べるメニューならそちらを選んだ方が良いでしょう。

ただしカロリー数、炭水化物、脂質の量も松屋が多くなっていますので、低カロリー・低脂質・低糖質で食事をしたい方は吉野家の『チキンスパイシーカレー』をおすすめします。

それでは続いてはそれぞれのチキンカレーを食べた味の感想を紹介します。かなり辛口に感想を述べていますが、どうかご容赦ください。

スポンサーリンク

松屋・吉野屋の両方のチキンカレーを食べた味の感想

まず吉野家『チキンスパイシーカレー』。こちらは27種類のスパイスを使った本格派カレーとアピールしていますが、食べてみた正直感想は味の深みやコクがあまり感じられなかったです。

吉野家チキンカレー

決して不味くはないんだけど、レトルトカレーのレベルを抜け出していない印象を受けました(辛口な感想ですみません)。

またトレーニーとして気になったのがチキンの量。たしかに数は多いと思いますが、どれもが小ぶりでたっぷりの皮(脂肪)が付いている。

チキンカレー

これでほんとにたんぱく質が30g以上あるのかな?と不安になりました。

味は決して不味くありませんし、美味しいと言えるレベルではあります。またヘルシーな鶏むね肉というチョイスは嬉しいですが、「これからも食べたい?」と聞かれれば正直ノーです。

続いて松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』。吉野家と松屋のカレーを食べ比べるとよくわかりますが、味の深み・コクは圧倒的に松屋が上。

松屋のチキンカレー

しかもチキンは「これだけ食べれば満足やろ!ドヤ!」と言わんばかりに、大ぶりもお肉が大量に入っています。これにはトレーニーも大満足でしょう。なんと1食で45.2gもたんぱく質が摂取できるので、筋トレ後の食事としても素晴らしいです。

また玉ねぎもあえてシャキシャキの食感で残してくれてるのも嬉しい。お肉に少し飽きたときに、箸休め的な感覚でシャキシャキと玉ねぎを食べれば、またガツガツカレーをいけちゃいますからね。

値段こそ吉野家が40円安いのですが、そのくらいの差なら僕は松屋のごろごろ煮込みチキンカレーを食べます。松屋はこの値段のクオリティーを明らかに超えています。

僕の個人的な評価ですが、味は圧倒的に松屋の勝ちです!

だんすけ

僕がおすすめするのは松屋のチキンカレーです!味も栄養成分もどちらも高く評価できます。

こんな人には吉野家チキンスパイシーカレーがおすすめ

吉野家のチキンカレー

松屋のごろごろ煮込みチキンカレーと比べてると、物足りなさは感じますが、決して不味いカレーではありません。チェーン店でこの値段なら、十分満足というレベルでした。

なお吉野家のチキンスパイシーカレーをおすすめするのは、次のような方達です。

吉野家はこんな人におすすめ
  • 脂質・炭水化物・カロリーをできるだけ抑えたい人
  • 少しでも安い値段でチキンカレーを食べたい人
  • 具材は小ぶりで食べやすいチキンが良い人

松屋のカレーに対するメリットは、脂質・炭水化物・カロリーを抑えられている点でしょう。

チキンカレーは食べたいけれど、脂質やカロリーをできる限り抑えたいという人には吉野家の方をおすすめします。また値段も安いのでお財布にも優しいです。

ツイッターでの吉野家『チキンスパイシーカレー』の口コミ

たしかに美味しいけれど、松屋と比べるとイマイチという感想が目に付きますね。

こんな人には松屋のごろごろ煮込みチキンカレーがおすすめ

松屋のチキンカレー

上述した通り、カレー自体の味の深み・コクは松屋が一枚も二枚も上!

そのためカロリーなんて気にしないから、美味しいチキンカレーを食べたい方は、問答無用でこちらえを選べばOKです。

なお松屋のごろごろチキンカレーをおすすめしたいのは次のような方達です。

松屋はこんな人におすすめ
  • とにかくたんぱく質をガッツリ取りたい人
  • 味の濃く・深みのあるカレーを楽しみたい人
  • 大ぶりなチキンをしっかりと食べたい人

その名前の通りごろごろとたっぷりの鶏もも肉が入っており、1食でたんぱく質を45.2gも取れる筋肉メニュー。

筋トレ後に炭水化物とたんぱく質をたっぷりと確保したい方には、嬉しい栄養成分となっています。ただし脂質も27.1gと多いので、脂質カット中の方は注意してくださいね。

ツイッターでの松屋家『ごろごろ煮込みチキンカレー』の口コミ

https://twitter.com/one511515/status/1123938060423634945

トレーニーの方に愛されているのは松屋のチキンカレー。一食で45gもたんぱく質が取れるのはアツいですよね!

まとめ【当サイトのおすすめは松屋のごろごろ煮込みチキンカレー】

松屋のチキンカレー

今回の記事では吉野家の【チキンスパイシーカレー】と松屋の【ごろごろ煮込みチキンカレー】の両方を食べた僕が、その2つを徹底比較&レビューして紹介しました。

どちらも美味しいことに変わりはありませんが、やはり2つを食べ比べると『松屋』に軍配が上がります。

後味に残るスパイスに中毒性があり、松屋のチキンカレーの方にファンが多くいるのがよくわかりました。

トレーニーの僕としても、この値段(590円)で40g以上のたんぱく質を摂取できるメニューは嬉しいので、期間限定と言わずにぜひレギュラーメニュー化していただきたいですね。

松屋のご担当者さま、この記事をご覧になってたらどうか『ごろごろ煮込みチキンカレー』のレギュラーメニュー化の検討をよろしくお願いします!

だんすけ

多少の値上げなら全然かまいませんので、松屋さんどうかレギュラーメニュー化してください!