【バキ道】48話ネタバレ感想・初戦は渋川剛気VS大関・巨鯨に決定!

バキ道48話

だんすけ

『バキ道』48話(週刊チャンピオン・2020年4+5号掲載)のあらすじ・感想をネタバレありで紹介します。

予想通りストーリーに進展ナシ!

前回の47話では横綱・零鵬率いる大相撲軍団とバキチームが向かい、東京ドーム地下闘技場でいよいよ戦いが始まるぞ!というところおしまい。

バキファンとして早く熱い戦いを見せてよ!と気持ちが高ぶりまくりです。

しかし結論から言うと、今話はストーリーにほぼ進展ナシ!(まぁ予想はしていましたが笑)

ただし対戦カードと試合順が金竜山(貴乃花がモデル)から正式に発表されましたよ。

だんすけ

バキ道のネタバレ感想・あらすじは次の記事(↓)でまとめてチェックできます。

今週発売のチャンピオン最新号への掲載分まで紹介中です。

【決定!】大相撲軍団VSバキ軍団の対戦カード

大相撲軍団VSバキ軍団、この戦いの主催側の中心にいるのが金竜山。その彼が発表された対戦カード、試合順がこちらです。

大相撲軍団VSバキ軍団の対戦カード
  • 【先方】渋川剛気VS巨鯨
  • 【次鋒】愚地独歩VS猛剣
  • 【三陣】花山薫VS鯱鉾
  • 【四陣】愚地克己VS獅子丸
  • 【副将】範馬刃牙VS炎
  • 【大将】野見宿禰VS零鵬

うーん。改めて見ても、大相撲軍団が見劣りする気がしますね。もはやこの組み合わせなら、刃牙軍団の全勝もありえそうです。

負けるとしたら、万年かませ犬の克己ぐらいでしょうか?

ただその克己ですら隻腕というオリジナルを捨てさり、烈海王の右腕が移植したので、少なくともかなりパワーアップしたはず。

だんすけ

そう考えると大相撲軍団の全敗はあると思います。

スポンサーリンク

渋川先生の先鋒に刃牙と独歩が意義があり!

金竜山の発表した対戦順に従うなら初戦(先鋒戦)は『渋川剛気VS巨鯨』との試合です。

ただこれに対して、物語の主人公の刃牙と愚地独歩が意義を唱えます。

刃牙「渋川先生が先鋒て?」

独歩「何も最年長者の渋川センパイが(初戦に)立たんでも」

独歩しては自身がなんとしても、最初に戦いたかったのかもしれませんね。死刑囚編でもいの一番にドリアンに向かっていきましたからね(拳は切り落とされたけど…)。

ただその発言を渋川は「ええんじゃないですか?ワシで」と一蹴。

渋川
引用元:バキ道 (著)板垣恵介

合気の達人・渋川センセにこう言われたら、周りは何も言えません。独歩「いやぁ…」と言葉にならない言葉を発して、すぐに引き下がりました笑

つまり初戦は発表カードの通り、『渋川剛気VS巨鯨』で決まりです!

そして今話のラストは超小柄な渋川と超大柄な大関・巨鯨が向かい合ったところで終了。試合は次回からとなりました。

ちなみに二人の体格は次の通り。

渋川と巨鯨の体格
  • 渋川…155センチ・47キロ
  • 巨鯨…231センチ・290キロ

巨鯨VS渋川
引用元:バキ道 (著)板垣恵介

なんと体重が240キロ以上も違う!恐ろしいほどの体格差…。

体格だけ見れば巨鯨の圧勝ですが、これまでにビスケット・オリバや野見宿禰などの大柄闘士を手玉に取ってきた、渋川なら体格差なんで問題ないでしょう。

また渋川いつも強敵に立ち向かう際に見える、幻影も見えてなかったので、渋川が圧勝する気がしますね。

いずれにせよ次回49話が楽しみです!

だんすけ

次号週刊チャンピオン2020年6号(1/9発売)にはバキ道(49話)が掲載予定です。

created by Rinker
秋田書店
¥499 (2020/01/27 20:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)